国家試験 難易度 のTOPに戻る
「国家試験 難易度 」トップ >  宅建試験と同レベル50 > ボイラー技士2級 試験 難易度 


ボイラー技士2級 試験 難易度 

ボイラー技士2級試験の難易度は宅建を50とした時に48です。

ボイラー技士試験2級の難易度はそこそこです。

ボイラー技師試験2級は4科目を3時間以内で解答します。

ボイラー技士試験2級の受験資格はハードルがあるんです。

高校や大学などでボイラーに関する学科を履修した後に、3ヶ月以上の実務経験を積んで初めて受験資格が得られます。

まあボイラーという特殊な機械を扱うのですから、受検資格はだれにでもどうぞ・・・というのは間違いかもしれませんね。

ボイラー技士2級試験の内容は、ボイラーの構造に関する知識、ボイラーの取り扱いに関する知識、燃料や燃焼に関する知識、関係法令の4科目です。

試験日は毎月2回程度です。

合格率は40%程度あるようですので、なかなかいいですね。
受かりやすい試験と言えます。

ちなみに1級は30%、特級は20%です。
特級で20あるのはけっこういいですね。
関連コンテンツ

消費生活アドバイザー試験 難易度

消費生活アドバイザーの難易度は48程度、宅建よりちょっとだけ取得しやすいレベルでしょうか。 試験に合格し、一定の要件である1年以上の実務経験または日本産業協会が実施する実務研修の修了を満たした方・・・

簿記検定試験 1級 難易度

簿記検定試験1級の難易度は宅建とほぼ同程度の51程度とします。 簿記も1級だけは正直難易度の違う試験だと思ってください。 難易度は易しいとはいえませんが、いきなり1級から行う人も少なく、3・・・

土地家屋調査士 試験 難易度

土地家屋調査士試験の難易度は、宅建を50とした時に53前後です。 すごく難しい試験とまではいかないでしょう。 ただ合格率が6-7%程度と倍率が高いです。 試験は筆記試験と口述試験があ・・・

土地改良換地士 資格 難易度

土地改良換地士資格って何? 土地改良換地士の資格の難易度は宅建と同じ50か少し上の51,2というところでしょうか。 この土地改良換地士は、農地の改良、開発、保全、集団化を円滑に進め、生産の・・・

2級建築施工管理技士 試験 難易度

2級建築施工管理技士の試験難易度は53前後です。 実務経験がかなり長い年数必要です! 2級建築施工管理技士は、建設業の営業所などに設置する専任の技術者及び技術者の有資格者として認められるなど、・・・

管理業務主任者 試験 難易度

管理業務主任者の難易度は47、8点ぐらいです。 管理業務主任者は20%ちょっとの合格率なので、宅建より合格率が少し高いのと、宅建を勉強した後に行えば、勉強がしやすいという利点がありますので、宅建・・・

マンション管理士 試験 難易度

マンション管理士資格難易度は、宅建資格とほぼ同じ難易度50前後としておきます。 あえていえば、マン管の方7〜8%前後が、宅建の13〜15%前後より合格率が少し低い分だけ、難易度を51,2というこ・・・

基本情報技術者 試験 難易度

情報処理技術者の難易度は宅建を50とした時に62です。 けっこう難しいです。 基本技術全般に関する基本的な知識、技術を持つ者を対象とします。 試験は午前試験と午後試験とに分かれます。 ・・・

法学検定試験2級 難易度

法学検定試験2級の難易度は宅建と同レベルの50というところです。 でもなかなかの試験ですよ。 公務員法律職の人が前座で受けても、大半が落ちるとか・・・。 英検や漢検や簿記検定2級に比較し・・・

宅建 制限上の法令 過去問

農地法に関する次の記述のうちで正しいものはどれでしょうか。 1、山林を開墾して、現に水田として耕作している土地であっても、土地登記簿上の地目が山林である限り、法の適用を受ける農地には当たらない。・・・

宅建試験 過去問

宅建試験の統計について正しいものはどれでしょうか。 1、平成17年度の国土交通白書によると、平成17年3月末現在の宅地建物取引業者数は約11万業者となっており、前年度に比較して減少した。 ・・・