国家試験 難易度 のTOPに戻る
「国家試験 難易度 」トップ >  大きく下回る40 > 警察官採用試験 難易度


警察官採用試験 難易度

警察官採用試験の難易度は宅建を50としたときに40程度といえます。難しい試験であるとはいえません。

ただ警察官採用試験は筆記試験と面接試験に体力検査も入ってきますので、決してたやすく合格・採用されるわけではありません。

警察官採用試験の倍率は地域によって異なるのですが、大卒が8倍から10倍程度、高卒の現業職が5倍程度となっています。

他の公務員試験よりは倍率は低いですが、近年の公務員人気が警察官にまで及ぶようになり、倍率はかなり高まっています。


受験資格
大卒程度は満21歳以上で大学を卒業する見込み者も含みます。

高卒程度は満17歳以上で高校を卒業する見込み者も含みます。

男子は160センチ48キロ以上、女子154センチ45キロ以上

視力裸眼で片目で0.6以上もしくは矯正視力片目で1.0以上かつ裸眼視力0.1以上など。

試験内容
1次試験:人文試験、数的処理、文章理解、判断推理などの筆記試験、論作文試験、身体測定、1次適性検査

2次試験:面接試験、身体検査、第2次適性検査、体力測定

試験内容は多い。でも試験の内容自体はそうでもないといえ、足切りだけ切り抜ければなんとかなります。


合格体験記
問題から解いて、わからない部分だけ授業ムービーを見直す。また、過去問を大量に載せている問題集で繰り返し学習しました。

うれしいですが、ホッとしたというのが本音…

自分がもう一度見てもわかるようなノート作りをする。問題集を何冊か購入し、それを何回も解きました。合格するとは思わなかったので驚きました。


試験対策
警察官になりたい方で、まず筆記試験に自信がないという方は、毎年多くの警察官合格者を輩出している学校で勉強することをおすすめします。

警察官試験は予備校について行き、それなりに勉強すれば十分に合格できます。

筆記試験に自信があっても不安点があったりします、また面接など筆記試験以外の対策をするためにも、たくさんの受験情報と受験ノウハウが蓄積されている学校を利用しない手はないでしょう!

また面接試験対策も力を入れて行ってくれているので、今は警察官関連の資格専門学校のレベルは全体的に上がりました。これは事実といえます。

さらにより合格を確実にするためには、毎年多くの警察官合格者を輩出している学校の講座を利用すると良いでしょう。

警察官になれれば、民間企業の一般社員や他の公務員よりは高給といえるので、ここでの学校への出費は投資として努力をすべきです。

では、毎年多くの警察官合格者を輩出しているおすすめの学校とは?




「本気になったら大原」で有名な「資格の大原」です。

税理士、会計士試験の学校として有名ですが、公務員試験の学校としても高い実績を残している資格・公務員学校の名門です。

警察官を志望する若い人?でも本気になったら大・原!は名前くらいは知っているでしょう。その大原です。

資格の大原は、学校法人大原学園が運営している学校、一般コースの他、全日制コースもある本格的な資格・公務員の学校です。

その資格の大原がて開講しているおすすめの講座が警察官・消防官合格コース!

基本的に講座のカリキュラム通りこなしていけば合格レベルに到達することが可能なスペシャルコースです。

警察官採用試験で出題されるすべての範囲を丁寧に穴なく教えてもらえますので、講座を受講する前に予習などは不要です。

論文が全く苦手という方にも手取り足取り分かりやすく教えてもらえますので何も心配いりません。

もっとも、講座を受講すれば合格レベルになるわけではありません。

講座で学んだことを復習してください。そうすれば、高卒レベル、大卒レベル関係なく、確実に合格レベルに達することができるでしょう。

また、面接対策も万全にしてもらえるので、面接対策に不安をもっている方も安心して面接会場に向かえます。

警察官採用試験に合格するためのすべてが網羅されているのです。

田舎住まいとかで大原に通えない方も多いはずです。そのような方には、ライブクラスを収録した通信講座もあるので、通学と同じ講座を自宅でも受講できるのでご安心ください。

「警察官・消防官合格コース」をしっかり受講して、しっかり復習すれば、警察官採用試験対策は万全でしょう。

独学で勉強しているライバル達を一気に追い抜いてしまいましょう!

以下から「資格の大原、警察官・消防官合格コース」の詳しい資料を無料で請求できます。

合格体験記、無料ガイダンス情報、警察官採用試験最新情報等他では手に入らない貴重な情報をご覧になれます。送料を含め無料でもらえるので、お気軽にご請求ください。

「資格の大原公式HPから簡単にご請求できます(無料)」

公式HPはこちらから⇒資格の大原[首都圏エリア]

税金の節約を理由とする公務員減らしも進んでいます。でも、警察官に関しては、倒産、リストラ、公務員減らしとは無縁で、今後ますます求められています。

職務を全うしてしっかり働ければ一生職に困ることもありません。

まずは、資格の大原の詳しい資料を熟読し、最短合格の秘訣を知ってください。

最後まで諦めず頑張れば、必ずあなたも憧れの警察官になれます!

資格の大原の公式HPから簡単にご請求できます(無料です)

公式HPはこちらから⇒資格の大原[首都圏エリア]

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連コンテンツ

漢字検定試験 2級 難易度

漢字検定試験2級の難易度は、宅建を50とした時に42程度といえるでしょう。 易しい資格ではないでしょうか。 とうとう年間に250万にも受験生が達した漢字検定試験です。 日本で一番受験・・・